蘭子と茶々丸を筆頭にわが家のしっぽさんとの日々を綴ります
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-17 (水) | 編集 |
ICUから移動して10日。
なんとこの金曜日に退院のおふれが出ました!

さすが 大学付属病院
ベッド待ちの患者さんが多いとかで、すぐに転院を言われましたが
指定先を下見に行って、何とも不安な所だったので断ったら
回復の状態から 退院して、通院による継続治療という事になったわけです。

本人もまだまだ足腰やその他諸々 不安要素はありますが
帰宅したい気持ちが強いので、リハビリも頑張っていたおかげでしょうね。

帰宅した時用に、家を片付けてはいましたが
もうちょっと 頑張らないとです。
スポンサーサイト
2015-06-07 (日) | 編集 |
昨日 やっとICUを出て、一般病棟に移りました。

長かったーーーーー。

夫の顔も明るさが増し、声も少し大きくなり、饒舌になってきました。

ここまで治るのに1ヶ月でしたが長かったです。

正直疲れました。

まだこれからがリハビリですが ホッとしました。
2015-06-05 (金) | 編集 |
昨日 数日ぶりに病院へ行き
今日こそは チューブを外せていますようにと祈りながら
ICUに入る身支度をし、看護士さんに呼ばれて入っていくと
車椅子に座って こちらを見てる夫の姿に仰天しました。

顔が別人のようになってる!
チューブは外せて顔のまわりはすっきりしてるんですが、それ以上に
顔が白くぼやけて目ばかり ぎょろっとしてて‥‥

近づくと 眉がほとんどない!!
看護師さんに聞くと 自分で髭を剃るというので 髭剃りをしてもらったら、眉まで剃っちゃたと

まだ 声が出にくい状態でしたが、少しずつ話しているうちに声も出てきて
私が来なかった間 きっと寂しかったんだなと 申し訳なく思いました。

仕事や自分の体調不良を理由に数日来なかった間 ICUという 異空間でしんどくて
私に連絡取りたくてもできない苛立ちと不安で 少々看護師さんを手こずらせた様でした。

リハビリの方と一緒に室内を歩けるまでになってくれ、本当にびっくりしました。
痩せて一体何キロになったんだろうと 心配な身体ですが、一生懸命 リハビリしてくれる様子に
涙が出そうでした。

主治医はこの後 転院してリハビリし、通院で経過を診ることになると言います。
出来れば家の近くに変わらせてほしいのですが、空き次第のようです。

1ヶ月近く食事も水もダメだったのに、やっと食事ができるようになり
私に どんなにか病院食が美味しくないか一緒に食べてくれと 夕食まで居ることになり
よほど 1人が寂しかったんだなと 夫が満足するまで一緒にいて
帰る頃には 声もよく出て 表情も明るくなり、絶対 眉の方まで髭剃りしないよう 念を押して帰宅しました。

事故で死んでいたら いろんな気がかりを残して存在は無くなってしまうんだ。
何を思い、何を思い残してるかなんて 残された者にはなかなか判るものじゃない。
今回 夫の身の回り品の所在ですら 必要に迫られて探しに探して見つけられなかった物もありました。

改めて 日々の生き方
これからの生き方 身の処し方を考えています。

明日
夫の眉がのびていることと、近くに転院が決まると良いなと願いつつ
気分上向きで 病院へ行こうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。