蘭子と茶々丸を筆頭にわが家のしっぽさんとの日々を綴ります
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-30 (火) | 編集 |
5月に義母が亡くなりました。
末期がんでしたが高齢だったので痛みをとる治療のみで、半年あまり療養入院をしていました。

年末にまとめて会いに行って以来は電話でお見舞いするだけで、行けなかったのが今となっては
後悔します。

義母は老舗旅館のとても世話好きで明るく社交的な女将でした。
生前の母の人柄だったのでしょう・・とても多くの方が参列してくださいました。

人生をどう生きるか?いかに生きるか?
死ぬその時になって 良く生きたな・・・と思える生涯でありたい・・とどなたかが言ってましたね。
(とても感銘を受けたのに誰が書いてたか忘れた!)


この出来事とは別に
実家に一緒に暮らす私自身の母と弟夫婦のトラブルで再度帰省しました。
こちらはよくある嫁姑問題に 書くのも恥な金銭問題が生じ、その解決に翻弄された挙句
・・・・何というのか 力及ばずというか実の親子ゆえ公に争えない結果となり
結局 母の八つ当たりが私に降りかかって、骨折り損のくたびれもうけ!どころかお金も時間も大損で
じゃんじゃん(終わり)です。

義母とは好い関係でいられたのに、実母とは・・・たぶん死ぬまでうまくはいかないでしょう。


私自身 実母との経験を踏まえた上で 老後子どもには絶対依存しないで生きる所存です。

いろいろ悩み多き日々でしたから、その現実逃避もあって
自分たちの老後を考え、かつ夢の実現にむけて 新居の建設を目標に新規一転
気持ちを代える事にしました。

前回書きましたように ぶん太が加わったことでわが家のにゃんずバランスがおかしくなってしまったので
もし仲良くなれなくとも縄張り争いが起きないような設計を夫が考え中です。

夫は優秀な設計家(建築デザイナーとも言う)なんですよ。


今はこんな風にのんきに言ってますが、いっとき にゃんたちの喧嘩のひどさで頭を抱えてしまい
にゃんこの保護主であるサリーさんにとてもご心配をかけてしまい、申し訳なく思っています。

まだ解決できたわけではありませんが、なんとかなるさ~で 不自由な暮らしぶりですが
家族元気に暮らせているのでokだと、より一層 新居に希望を膨らませています。


 蘭とライム
意外に仲良しなふたり



 兄妹
いつものじゃれっこ



 びb
ビビちゃん 大人になって色が濃くなって尻尾もふさふさ


↓背中の色がぜんぜん違うでしょ
菓 012_R



スポンサーサイト
2013-07-29 (月) | 編集 |
ほぼ4ヶ月近く放置していました。
ブログもmixiも・・・。


その間の出来事もろもろ

記憶の整理のために  
  4月 長女ぼや騒ぎの後リフォームした部屋に戻り、社会人開始。
     知人より猫(ぶん太)が新家族となる。

  5月 義母が死去 しばらく帰省
    長女 初給料でご馳走してくれた。
    

  6月 法事と実家のトラブルで二度帰省。
     疲労でこもる

  7月 家を建てる準備再開(展示場巡りがレジャー)



とりあえず 新家族 ぶん太くんを紹介しま~す


さつき 032_R



さつき 030_R



さつき 025_R



bun1.jpg



知人の青年が経営悪化した会社の立て直しを専念する為に世話ができなくなったので、
我が家の子になったぶん太。
4歳の男の子です。
スコティッシュフォールドですが、ペットショップ出身の子のせいか甘える時の咬んだり、爪の出し具合が
力具合を学ばなかったからでしょう・・・すごくきついのです。手に穴が・・・

もう一つ・・・なぜかわかりませんが、嫌われるのです。他のにゃんこに。

特にライムとケイトとクロリンがぶん太を獲物のように攻撃するので、困り果てています。
スコちゃんだから里親を探そうかとも考えましたが、咬み癖の難もあり・・・
ただ今 一部屋に隔離中。
時々 みいちゃん・蘭子・ビビアンを同室して慣らしていますが、好きになってもらえない(涙)

あまりに 豹変して攻撃するライムちゃんたちを離すしかないか・・・と愚かにも考えた時もありました。
でも 問題は解決していませんが、何かきっと良い方法があるに違いないと今は試行錯誤して、不自由なりに
どうにか血を見ることなしに過ごしてるので、頑張ろうと思います。

なにか良い方法をご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。


他の子たちも元気です。
続きは明日に。


近影だけ

さつき 012_R


bi4.jpg


 蘭1


 けい1_R


 みいとライム





      
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。