蘭子と茶々丸を筆頭にわが家のしっぽさんとの日々を綴ります
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-01-18 (土) | 編集 |
「こうして作れば医者はいらない」  若杉友子著
 副題 若杉ばあちゃんの台所

図書館で借りた本です。
タイトルや装丁の写真から おばあさんの知恵袋のような本かと思っていました。

が それがそれがなかなか科学的な食養生本で午後から集中して読んでしまいました。

まず 食物に陰陽が有ることに驚きました。
昔からの日本の栄養学・医学をまじえて、解説されてたので
ばあちゃん・・・という親しみやすさ難しい話とは無縁のタイトルとのギャップがおもしろい。

私がすぐに参考に出来ると思ったのは

一汁一菜
良い調味料を使う。
梅干を食べる。
土鍋を使う。
よくよく噛んで食べる
根菜は皮をむかない。
野菜が食べきれない時は干し野菜にする 等など

もっと食物の陰陽の使い方や米を食べる意味など とても興味深い内容でした。

そうそう 果物を沢山食べたり、砂糖や肉卵を食べることの害もいっぱい書かれてました^^;。
これが全部正しくてこうあるべきだ・・的な強いる記述ではないので
知らないより知ってるほうが良い内容ではあります。

「大根役者」・・・大根は食あたりしないから→あたらない→流行らない役者となったとか。
今の時期 大いに大根を食べて元気になりましょう。
特に根菜は葉っぱの付け根が重要なのだそうです。同様にねぎのヒゲ根を刻んででも食べましょうですと。

お味噌を食べて放射能物質などの害毒代謝をよくする。最近忘れてましたが大事ですよね。
これも味噌の酵素を殺さないで食べる為に味噌を入れたら沸騰させない。
風味だけじゃなかったのね^^;。

酢も少し温めて酸を飛ばして使うとか。

やりたくてもできないのが、 「腹八分目」さらに良いのが「腹六分目」ですって!

一応 努力目標にはしたいと思います


スポンサーサイト
2013-08-07 (水) | 編集 |
壊れたホームベーカリーでしたが、新しくするかどうか決めかねているものの
朝食のパンは焼かないと無いし・・・で
抜けた軸をはめて羽をつけて落ちないように持ちながら、本体に設置してどうにか使えないかと
試したところ・・・ちゃんと働きました♪

しばらく慎重に設置しながら使って見ようと思います。

気をよくした単純な私。
今日はいつもの山食パンともう一品

シナモンロールを作ってみました。



延ばしたドー(パン生地)にシナモンシュガーをふってロールケーキのようにくるくる丸めます。
端をしっかりつまんで閉じます。
13 807 002_R



8等分(台形に)
13 807 003_R



かもめ食堂のシナモンロールを真似て台形を指で押して成型。
しかし生地がやわらかくて.抑えたところがくっついてしまった
13 807 004_R



二次醗酵させて塗り卵&アーモンドを飾る
13 807 005_R



焼き上がり~
13 807 007_R




形は失敗したけれど、焼いてる香りはかもめ食堂の気分♪
シナモン_R


いやはや ブログに料理をしている過程をきれいにupされてる方は手際が良いのでしょうねぇ。
写真撮りながら進めるのは結構大変だわ(笑)




2013-08-04 (日) | 編集 |
名前だけ知っていた映画でしたが、Uチューブのクリップでシナモンロールを作ってるのを見て
主人公がお料理を作るシーンがとても気になり、どうしても全体を見たくなり、借りてきました。

不思議な雰囲気の登場人物や内容設定はちょっと横においておくことにして、
純粋にフィンランドの町・市場や港の様子を楽しみつつ、かもめ食堂で主人公が作るお料理がとても美味しそうで
作る人も食べる人も楽しそうなのが心地よくて、おなかがすいてくる映画かもめ食堂でした。


肝心のシナモンロールはまだ作っておりません。
おいしいコーヒーを入れて焼きたてをほおばりたいな
2012-03-14 (水) | 編集 |
朝食用のパンを焼くようになって早1年。

ホームベーカリーにおまかせが殆んどですが、いろんなレシピ本を見ながら
始めはもちろん ドライイーストで焼けるバリエーションを試み、
その次に天然酵母に興味を持ち、されどなかなか思うように焼けず
それならと 白神こだま酵母はどうなんだろうか・・・と
次から次へと レシピ本だけは蔵書が増えました(笑)。

天然酵母は ホシノ天然酵母(500g)を買ってしまったので、とにもかくにも
失敗しながら、ブログ友だちのAishaさんにアドバイスしてもらい、時々は
美味しいパンを焼けるようになりました。

いちど生種を起こしてずーっと冷蔵庫に入れっぱなしだった中種を
もうだめかなと思いつつ、菓子パンならば大丈夫かと 丁度昨日作ってあった あんこを入れて
あんパンにしてみました。

といっても 昨日の夕方こねてから、一晩じっくり一次発酵させて
今朝昼前にあんこ入れて成形して、2時間ほど二次発酵。
焼くのは180度15分。

まぁ 発酵がのんびりで・・・。
それでも うまく発酵できた時はとっても小麦の味が香ってイーストで焼いた時とは違うんですよね。

一回で焼こうとしたので形はくっついて変だけれど、味はとってもgood♪♪

rannko+024_convert_20120314221631.jpg


rannko+026_convert_20120314221702.jpg


中のふくらみもまだまだだけど、焼きたてはそれだけで幸せにしてくれます。


今日はバレンタインに手作りチョコをくれた子どもへのお返しに、バナナチョコマフィンも焼きました。

rannko+028_convert_20120314221726.jpg

家じゅうにパンやケーキの香りが漂い、なんとも良い匂い。

お菓子作りの醍醐味ですね(^-^)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。